有限会社 総和建工
9:00〜18:00
毎週 水曜
2018年05月19日
総和建工ブログ

「売る」vs「貸す」どっち?

転勤や事情で空き家になってしまう家、大切な資産をどのようにするか悩むところです。

当社でも、「売る」「貸す」どっちがいいかよく相談を受けます。

ご事情やお考えにより、どっちがいいとも言い切れませんが、それぞれのメリット、デメリットをよく考えて、比べてみるのがいいでしょう。

 

賃貸 と 売買 の メリット デメリット

賃貸と売買のメリット デメリット 

 

賃貸のメリット

 家賃収入がある。

 将来的に財産として残ります。

 

賃貸のデメリット

 空室のリスク

募集をかけても、借主が見つからない場合は、もちろん家賃収入がありません。

住宅ローンが残っていると、毎月返済しなければならないので、赤字となってしまいます。

新居を賃貸で借りた場合には、新居と家賃と住宅ローンを支払わなければなりません。

 

経費がかかる

・固定資産税

・不動産会社へ管理を依頼する場合は、管理料(毎月家賃の5%)がかかります。

・給湯器の故障や雨漏りなど不具合があれば交換しなければなりません。

・リフォーム費用

  

 建物が傷みやすい

  賃貸にすると建物が傷みます。

  借主にもよりますが、賃貸だからと雑に扱われることがあります。

  

 賃貸中は、売却しづらい

  賃貸中に売却する場合は、投資物件になります。その為、買主は投資家に限られるため売りづらくなります。

  投資家は利回りを考慮しますので、売却価格を低く設定しないと売れにくくなります。

 

 売却のメリット

  不動産を手放すことが出来るため、賃貸よりも手間がかかりません。

 

 売却のデメリット

  住宅ローンを完済しなければ、売却することはできません。ローン残高が売却価格より高い場合は持ち出ししなければなりません。

 

当社は、賃貸管理という仕事もしていますので、なにかとわずらわしい賃貸でもOKです。

 

 ご自身のお考えと将来を考えて、お決めになるのがいいかと思います。

 

 

 

arrow_upward